himie

himie.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

キッチン。

d0058420_303493.jpg













この時期、この2つの道具は、毎日フル稼働。
お茶はがぶがぶ飲むわ、御飯は炊くわ、鍋はするわ。
うちでの御飯は、このルクルーゼで。
水は、大分から取り寄せている白水鉱泉の微炭酸水を使います。
皆、大概、美味いと言うので、表参道でおにぎり屋でもやろうかと思ったり、思わなかったり。
近所でよく行く「やんも」のしゃけを使ったおにぎりとか美味そう。



本日は、三越スタッフのオーダー分の納品へ銀座る。
オーダーは、なんと、9人分!
正直、ビックリしましたが、凄く嬉しい。
次回も何かあればよろしくお願い致します。


夕方から、お客様、作家の夏石鈴子さんが。
赤い実をついばむコトリのネックレス。
去年の12月にオーダー頂いてから、ようやく受け渡し。
忘れていた訳ではなく、記憶から出てきたり出てこなかったりで・・・
夏石さんの「新解さんの読み方」、今、読んでるところ・・・面白い。
しかし、本人、目の前にして言えなかった・・・緊張して。
どうも、本を出している人に憧れとか尊敬の念があり・・・
もう、10冊も出されているとか・・・
現在は、月3本の連載を抱えていらっしゃるようです。

去年、松屋のイヴェントでお会いして、写真家平間至さんへの贈り物として、
タツノオトシゴネックレスを買ってくれました。
その後、1冊の著書「きっと、大丈夫」が送られてきて、
手紙には、「赤い実をついばむ感じのコトリを作って欲しい」と書かれていました。
この本のあとがきには、ずっと飼われていた赤い口ばしの文鳥が死んだと。
あとがきで涙が出ました。

正直、中身はまだ読んでいません。
ようやく、今日受け渡したところで、読み始めてみようと思います。

現在は、新しい2羽の文鳥を飼われているそうです。

そして、「赤い実をついばむコトリのネックレス」を付けての御帰宅でした(嬉)。

by himie-web | 2007-12-11 04:06 | 道具


<< メゾン・ゴッドナルスキーにて。      旅立つ前に。 >>